求人情報の探し方(その他)

ハローワークや求人サイト、求人誌以外の求人情報もたくさんあります。
他の探し方としては新聞などの様々な媒体から求人情報を探して応募する方法もあります。
求人情報を目にしたら媒体で求人を選り好みすることなく、可能性を検討してみるようにしましょう。
ここでは、新聞や専門誌、張り紙、縁故などについて紹介したいと思います。
まず新聞ですが、新聞は閲覧数が多いというのが一番の特徴で、大手企業の求人も多数出ています。
その分倍率は高くなっていますが、自分のスキルに自信があれば是非応募してみましょう。
幅広い求人情報が掲載されていますが、新聞によって出る求人も大きく変わってくるようです。
また、情報収集のためにも必ず活用するようにしましょう。
一般常識のテストがある会社もあります。
ただし、スペースがわずかなため、限られた情報からその求人を判断しなければならないという点もあります。
気になる求人情報があったらその企業のことをインターネットで調べるなどして、必要な情報を集めるようにしましょう。
次に専門誌や張り紙ですが、専門誌で出す求人広告はその雑誌の購買層に合わせた求人情報を記載しています。
狙っている業界があればその専門誌に出ている求人情報は欠かさず見るようにしましょう。
また、販売職などでは店などに張られている張り紙も大きな求人情報源となります。
いつも行っている店の求人を見つけることができるかもしれません。
最後に、縁故ですが、応募を考えている会社に知人がいたら是非直接会って話を聞くようにしてみましょう。
直接紹介に結びつかなくても、話を聞いてみるだけでも会社選びでは貴重な意見、収入源になります。
内部から見た会社のことも知っておくことで、実際会社に入ったときにアレっと思うことが軽減されるのではないでしょうか。
自分なりの求人探しをしてみましょう。

Comments are closed.