滑川大滝(なめがわおおたき)

滑川大滝
滑川大滝

滑川大滝は山形県米沢市にあります。米沢市の面積は548,51平方km、人口85,734人(2016年2月1日現在)の市で、夏季は夏日・真夏日になる日が多く日中は暑いですが、朝と晩は涼しくなるため熱帯夜になりません。
ここでは、滑川大滝について説明します。

特徴

落差80m、幅40mの東北地方でもトップクラスを誇る滝です。地質は流紋岩(火山岩の一種)層で、滝の近くには潜滝など複数の滝が存在します。雪解け時、水量が多くなると布滝と呼ばれる滝が出現することもあります。

アクセス

徒歩:JR峠駅から1時間半または滑川温泉福島屋の駐車場より展望台までおよそ20分(※福島屋の駐車場は施設利用者のみ利用可)
車:施設利用者でない場合、福島屋の手前およそ100mの場所にある滑川橋近くにある駐車スペースに停車

福島屋

東北自動車道福島飯坂ICから20km、国道13号線の東栗子トンネルを過ぎて板谷方面へ左折、そこからおよそ9km。

周辺の観光地

滑川温泉 福島屋

温泉好きの人必見です。福島屋にある内風呂から露天風呂は全て源泉かけ流しで、加水・加湿・循環消毒を行っていない乳白色の湯が贅沢に浴槽に注がれています。
ちなみに、武士である斎藤盛房が川の中で足を滑らせ、倒れた時に温泉を発見したことから「滑川」と名付けられたようです。

おわりに

滑川大滝の特徴と周辺の観光地を紹介しました。
展望台から滝壺まで降りることはできますが、川の中を移動しなければいけないので、面倒だと感じる人は展望台で眺めるのが良いでしょう。

滑川温泉 福島屋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする